障害者雇用枠で働くメリット

障害者雇用枠で働くメリット

障害者雇用枠で働くメリット

現在、数多くの企業が障害者雇用枠での雇用をされています。
障害者雇用枠で雇用された場合はいくつかのメリットが得られます。
就活の行き詰まりを感じていらっしゃるなら、障害者枠での入社を選択肢として考えてみてはいかがでしょうか?

状態に応じた配慮をしてもらえる

企業側から障害に対しての理解が得られやすくなり、事前に相談しておくことで、通勤時間や仕事内容、通院のための早退や休日など、状態に応じた配慮をしてもらえます。
職場環境の配慮を期待されるなら、やはり障害者枠での入社を選択される方が良いかもしれません。

ミスマッチを防ぐ

面接の時点で障害について伝えたうえで採用となったとしても、実際に働き始めてみると障害がある故、行うことが難しい業務をやらなくてはいけなくなることもあります。
しかし障害者雇用枠での採用なら、このようなミスマッチを事前に防ぐことができます。

障害者雇用枠が利用できる人の条件

身体障害者や知的障害者、精神障害者の方に限られていることがほとんどで、障害者雇用枠に応募する際には、身体障害者手帳や療育手帳、そして、うつ病や発達障害者の方などを対象とした精神障害者保健福祉手帳を取得しているか、取得予定であることが条件となっています。

画像
しかし、障害者雇用枠での就職を青森県内で目指しているけれどなかなか就職に結びつかないのであれば、是非ご相談下さい。
アイデンドは就労継続支援A型事業所として、障害者の方の就職活動のお手伝いをしております。
働きながら就労に必要な知識やスキルの訓練をしていき、最終的には一般企業への就職を目標にして取り組んでいきます。
就職活動であまり良い結果が得られなかった方、再就職に向けて不安を抱いている方は、お気軽にご相談いただきたいと思います。

URL :
TRACKBACK URL :