障害者の日常及び社会生活を総合的に支援する法律の特徴

障害者の日常及び社会生活を総合的に支援する法律の特徴

障害者の日常及び社会生活を総合的に支援する法律の特徴

障害者の日常及び社会生活を総合的に支援する法律とは

支援
平成18年から施行された「障害者の日常及び社会生活を総合的に支援する法律」は、障害者の方の自立を支援する内容となっています。
これまでの障害者の方に関する政策では、身体や知的、精神といった障害の種別ごとにサービスが行われていた為、分かりづらく働く意欲がある障害者に対して、就労場所の提供支援が不十分などの問題点が指摘されたことによりこの法律が制定されました。

障害の種別によらない共通のサービス

この法律の特徴としてまず挙げられるのが、障害の種別によらない共通のサービスがある点です。
障害をお持ちの方が必要なサービスが受けるための仕組みが、身体障害や知的障害、精神障害など障害の種別で区別させず一元化されました。

支給決定の手続きが明確で透明になった

市町村審査会での審査によって支給を決定するなど、支給を決定づける手続きや基準が明確化されました。
また、要支援から要介護5までを評価する障害程度区分を導入することで、サービスの必要性を総合的に判断できるようになりました。

費用はみんなで支えあう

国による費用負担の責任が強化され、費用の半分を負担することが決まりました。
そして同時に、サービスを利用される方も、原則費用の1割を負担しサービスを支える仕組みになりました。
利用者負担は、所得に応じて負担上限額が設定されていたり、個別減免等の負担軽減が設けられています。

働きたい人への支援が強化された

就労を希望する障害者へ、就労に必要な訓練を行う障害者就労支援サービスが強化されました。
これまでは福祉施設へ入所される方が多かったのですが、新たに障害者就労支援事業を創設し就労のための支援が進められるようになりました。

アイデンドは障害者就労移行支援事業所として障害をお持ちの方の就職サポートを、青森県八戸市を中心に行っております。
パソコンスキルの取得など業務をするうえで必要なことから、コミュニケーションスキル向上にも取り組んでいきます。
障害者就労支援サービの利用を検討されているなら、まずはお問い合わせ下さい。

URL :
TRACKBACK URL :