障害者が働ける社会へ

障害者が働ける社会へ

働くことをあきらめないで

障害者が働ける社会へ

近年、障害のある方の社会参加が進み、企業や地域などさまざまな場所で活躍する人も増え、同時に就職を希望する人も多くなっています。
障害があり、これまで働くチャンスに恵まれなかった方もいらっしゃると思います。働くことは楽ではありませんが、喜びも大きく、楽しいことも多いです。
自分にあった仕事をみつけ、長く働き続けることができる職場への就職のお手伝いをアイデンドでは行っています。

企業が障害者雇用に積極的ではない理由

理由1
企業が障害者雇用に積極的ではない理由の一つに、企業側の受け入れ態勢が整っていないことがあります。経営者や採用担当者は積極的に採用を試みるものの、現場で働くスタッフとの認識の違いや体制をなかなか整えることができず、諦めてしまうことも多いです。
理由2
また企業によっては、即戦力となれるような人材を求める場合もあります。企業が求めるレベルと、応募者自身の持つ職業能力に差があることから、なかなか採用に至らないのが現状です。

障害者雇用においては、この認識の違いをできる限り小さくしていくことが課題です。

認識の違いを少なくするために必要なこと

企業側の努力

障害者雇用を新たな業務再構築のチャンスととらえることは、社会の動きに柔軟に対応できる企業へと成長する機会になります。
また適材適所によって障害者を戦力化できる企業は、全ての社員を戦力化できる企業と言えるでしょう。

障害者の努力

就労を目指している方は、適切な就労準備訓練を行った上で、職務との適合性を高めていくことが大切です。現在はどの職務であっても、パソコンスキルは必須です。

アイデンドでは、障害をお持ちの方の能力を磨き出し、企業に貢献できる人材となるための支援を実施しています。青森にお住まいで興味のある方は、お気軽にご相談下さい。

URL :
TRACKBACK URL :