就労継続支援事業について

就労継続支援事業について

就労継続支援事業について

「働きたいけれど一般企業に就職する自信がない」という方や、「長期療養のため、なかなか就職に結びつかない」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

その方にご紹介したいのが「就労継続支援事業」です。就労継続支援事業は、通常の一般企業に就労することが困難な方に対して、就労の機会を提供するというものです。こちらで詳しくご紹介します。

就労継続支援事業とは

就労継続支援事業所
就労支援事業は、一般企業への就職を目指す障害のある方に対して、生産活動の機会を与えるとともに、就労に必要な知識・能力の向上を目的とした訓練、就職活動支援および就労後の職場定着支援を行います。
就労継続支援事業所は、障害者総合支援法(旧・障害者自立支援法)に定められた就労継続支援のための施設です。事業所は、雇用契約を結んで利用する「A型」と、雇用契約を結ばずに利用する「B型」の2種類に分けられます。

就労継続支援の対象者

障害があり、単独で就職することが困難なため、就労に必要な知識・技術の習得および就職先の紹介、その他支援が必要な65歳未満の方。具体的には、身体障害者・知的障害者・精神障害者(うつ病や統合失調症など)・発達障害者(ADHDやアスペルガーなど)・難病の方が対象となります。

就労継続支援A型(雇用型)

労働者として働きながら、一般企業への就職を目指す

一般企業での就労は難しいものの、事業所内では問題なく働くことが可能な方が対象です。雇用契約を結んで、労働者として働くことになります。原則として、最低工賃が保障されています。
事業所ではそれぞれの特性やスキルによって、適した業務に就くことができます。このサービスを通じて一般就労に必要な能力が身についた方は、一般就労への移行を目指します。

 

就労継続支援事業について、ご理解いただけましたでしょうか。一般就労に向けてのステップアップとして、ご本人に合った事業所を選ぶことが大切です。

アイデンドは、青森エリアを中心に就労訓練を行っている福祉サービス事業所です。就労継続支援事業について詳しく知りたい方は、お気軽に電話相談をご利用下さい。

URL :
TRACKBACK URL :