就労移行支援事業所 ご利用までの流れ

就労移行支援事業所 ご利用までの流れ

就労移行支援事業所を利用するためには、福祉サービスの支給申請が必要となります。

こちらでは、サービスの申請からご利用までの流れを簡単にご紹介いたします。

1.事業所への相談・見学

サービスを利用したいとお考えの方は、まずは就労移行支援事業所までご連絡下さい。ほとんどの事業所は面接でのご相談や見学を承っています。ご家族の方、医療機関・支援機関の方も一緒にご見学いただけます。見学の際、事業者からは就労支援の取り組み内容・訓練内容・諸規定・手続きなどの説明があります。

2.利用申請

利用したい事業所が決まったら、お住まいの市町村の障害福祉課窓口にて、福祉サービスの利用申請を行いましょう。必要に応じて、障害者手帳の提示や書類の提出が求められます。

3.認定調査

市町村によって、ご本人の心身の状況を把握するための認定調査が行われます。市町村職員の方あるいはケースワーカーの方がご自宅に訪問し、ヒアリング調査を行います。ヒアリングは生活状況や就労意欲に関する内容で、難しいものではありません。

4.特定相談支援事業所によるサービス利用計画案の作成

援助方針や解決すべき課題を踏まえ、最も適切なサービスの組み合わせ等について検討し、作成いたします。支援するための総合的な支援計画(トータルプラン)です。

5.受給者証の交付

認定調査の結果、サービスの利用が決定した方には、市区町村から「障害福祉サービス受給者証」が交付されます。受給者証には利用に関する重要な情報が記載されていますので、大切に保管しましょう。

6.サービス利用開始

事業所に受給者証を提示して利用を申し込み、契約を結んだ後、サービス利用開始となります。事業者がご本人の状況やご希望をお聞きし、個別の支援計画を立て、それに基づいて支援を行います。

 

基本的には利用料金がかからない方が大半ですが、収入状況等によっては利用料金の1割を負担していただく場合があります。

 

各種申請手続きにつきましては、アイデンドまでお気軽にお尋ね下さい。パソコンスキルの習得やビジネスマナー、生活リズムの指導などを通して、一人ひとりの「働きたい」気持ちを応援いたします。八戸市と十和田市に事業所がありますので、どちらかお近くの事業所を選んでいただき、利用していただくことが可能です。